ステンレス管を使用するときの注意点は?

2013.07.25【カテゴリー:配管】

ステンレス鋼は炭素鋼よりも線膨張率が大きいため、温度変化による伸び縮み量が大きいので、施工直後は接続部分からの漏れに注意が必要です。炭素鋼製配管材以上に 増し締めには気を使わなければいけません。
またフランジボルトやナットに炭素鋼を使用する場合は電位差腐食(電触)に注意し、十分な絶縁を施すなどの対策が必要です。

ページのトップに戻る ページのトップに戻る