吸込空気の温度の管理とは具体的にどのようなことですか?

2013.07.25【カテゴリー:コンプレッサー】

吸込空気温度が上昇すると消費電力が増加します。例えば、吸込温度を30℃から10℃まで低下させると約3%の省エネができるとされています。

ページのトップに戻る ページのトップに戻る