• 社員インタビュー
  • 社員の家族より
  • 会社の様子
  • 安全への取り組み
  • 募集要項

安全への取り組み

建設業は必ずしも安全な現場ばかりとは限りません。だからこそセイフルでは社員に危険が及ばないよう、安全への取り組みを徹底しています。

危険予知活動

危険予知活動 写真1 危険予知活動 写真2
セイフルでは職場で発生しうる危険を未然に防ぐために、社員全員で危険を予知する訓練と活動を行っています。労働災害を防止するには、事故を起こして後悔する前に、職場にかかわる全員が話し合って、危険を予知して「安全衛生を先取り」することが重要です。

安全管理研修

安全管理研修 写真1 安全管理研修 写真2
現場で作業する社員については定期的に安全管理研修を行い、建設物、設備、作業場所または作業方法に危険がある場合における応急措置または適当な防止の措置、安全装置、保護具その他危険防止のための設備・器具の定期的点検、作業の安全についての教育及び訓練、発生した災害原因の調査及び対策の検討、消防及び避難の訓練、作業主任者その他安全に関する補助者の監督、安全に関する資料の作成、収集及び重要事項の記録などについて研修を行っています。

ヒヤリハット(キガカリ事例)

図 ヒヤリハット
ヒヤリハットは、結果として事故に至らなかったものですが、重大な事故が発生した際には、その前に多くのヒヤリハットが潜んでいる可能性があり、ヒヤリ・ハットの事例を集めることで重大な災害や事故を予防することができます。そこで、セイフルでは社員が経験したヒヤリ・ハットの情報を公開、蓄積、共有することによって、重大な災害や事故の発生を未然に防止する活動が行われています。左図は「重大事故の陰に29倍の軽度事故と、300倍のニアミスが存在する」ということを示したもので、この活動の根拠となっているものです。

社内5S活動

社内5S活動 写真
職場環境の維持改善のため、5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)活動を定期的に行っています。この活動により職場環境の美化、従業員のモラル向上などの効果が確認できています。また、業務の効率化、不具合流出の未然防止、職場の安全性向上などさまざまな点で向上するというメリットもあります。セイフルでは5S活動を徹底し、社内外共に接したすべての方々に気持ちの良い会社であると感じていただけるよう、常に全社員で企業努力を怠らないようにしています。

ボタン画像 募集要項(エントリーはこちらから)

  • 社員インタビュー
  • 社員の家族より
  • 会社の様子
  • 安全への取り組み
  • 募集要項

ページのトップに戻る ページのトップに戻る