老朽化対策

緊急事態を未然に防ぐために。

配管設備の老朽化は、見えないところで確実に進行しています。
気にはしつつも、今は問題なく動いているから…と対策を後回しにしがちですが、緊急事態を未然に防ぐためには、事前の老朽化対策と日頃の保守点検が肝心です。

老朽化対策・メンテナンスをお任せいただくことで、私どもが設備の使用状況なども含め隅々まで把握します。それにより、長期的なメンテナンスポイントを見直すことができ、事故の抑制と緊急事態の迅速な対応が可能となるのです。

まずは、私どもに日頃のメンテナンスをお任せください。

保守・メンテナンスサービスについて

故障の兆候を見逃さないプロの目と、的確な処置を施す高い技術力

工場・施設において、配管設備の保守・メンテナンス体制をお持ちのお客様は多いですが、異常がないかどうかを点検しているだけ、というお客様が非常に多いようです。

しかし、プロの配管技術者でない者に点検をさせても、故障の兆候を見つけることは難しいでしょう。もしこれが配管工事のプロであれば、例えばちょっとした“蒸気の漏れ”といった些細な事象から、故障の徴候を察知することができるのです。そして、予めそれに対する対応策を取ることができます。

また、いざ故障してしまったとき、配管工事業者を呼ぶことになると思いますが、必ずしも迅速に修理に来てもらえるとは限りません。とはいえ、万が一その故障が原因で工場のラインが止まってしまった、などといった大きな問題が発生してしまえば、取り返しの付かない大損害を被ってしまいかねません。

つまり故障の予防策として最も効果的なことは、日頃から専門の技術者に保守・メンテナンスを頼む、ということなのです。また、緊急トラブルに備え、あらかじめ設備を把握しておくことでより適切で迅速な対応が可能となります

セイフルでは、専門の技術者による保守・メンテナンス体制を自社内で整えることが難しい方に対し、定期的な保守・メンテナンスを実施するサービスをご提供しています。
どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら

ページのトップに戻る ページのトップに戻る